2001年11月16日 ドブロクニク

今は、「魔女の宅急便」のモデルになったといわれる街 ドブロクニク。

 城壁に囲まれた旧市街に入ると、古い街並みが現れる
。でも、けっこうツーリスティック。イメージと違かった。

街を歩いた後、城壁に上ると、なるほどモデルになった街と思わされた。太陽がいっぱいの空、青く輝くアドリア海、そして、オレンジの瓦の屋根が連なる家々。なかなかよろしい。

 僕が一番この街に来て嬉しかったのは、 ”天気がイイ” ということだった。
フランスに入ってから、いつも、どんよりとした天気。
なんか、気分も落ち込んでくる。
ブタペストにいた14日で、日が出たのは2、3回。
そして、気温は1度ほどだった。それに比べ、ここは海で泳ぎたくなるような陽気。朝起きたとき、太陽を見てうれしくて うれしくてたまらない気分になってしまった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中