2001年4月25日 カトマンドゥ

この旅で、やろうとしていることで、ビデオでドキュメントを撮ろうとしている。

3本ぐらいの作品ができたらなと思っている。

まず、ネパールでなにか作れる物はないか、今おもしろい題材を探しているところ。宿の主人に相談すると、知り合いを紹介してもらい、またその人が知り合いを紹介して、俺の相談にのってくれた。その人はスレンダーさん 37歳。昔、ボクシングのWBC4位になったかとかで、今はネパールのボクシングのコミッショナーをやっているんだそうで、ネパールに幅広く人材を持っているんだそうだ。

まず、連れて行ってもらった所は、国全体を取り仕切る警察署。なんかめっちゃ偉そうな警察の人とお話しっちゃ訳。話きいたけど、ドキュメントで犯罪のことにつっこんんだら、とても俺の命が危ない。とりあえずお話だけ聞いた。次に、テレビ局のディレクターとランチ。これは、なかなか勉強になった。彼がいうにはネパールで作品を撮るには許可がいるという。でも俺、営利目的でも無いし、このへんは強行とっぱしていこうと思う。  ほかにも、国の施設などいろいろ連れていってくれた。たんまげたのが、”国王の家入っちゃた” 事なのよ。国王の次男とスレンダーさん お友達みたいで、厳重な警備のなか、スレンダーさん顔パスで。遊びに行ったら、お出かけのようで、ロイヤルファミリーには会えなっかたんけど、俺の人生の中で一番であろう、すっごい所に行き興奮ぎみの小松でした。

1つ疑問に残ったことは、なぜ彼がそこまで俺にしてくれたのか。ネパールは異様に不思議な国であります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中