2001年4月21日 バンコク  

カンチャナブリよりまたバンコクに舞い戻る。

しかし、暑い。温度計は40度を超えている。

しかし、これでへばってては、インドでは生きていけない。しっかりと馴れていかなくては・・・。    バンコクについて、電車から降り、一昨日、ニュージーから来た日本人の女の子と、タイの日本語を少しばかり話せるオバさんと出会った。オバさんは、カオサンまでのバスナンバーを教えてくれたり、親切。しかし、時間がたつにつれ、やけに ”親切すぎる” と感じた。ムッム、これは久しぶりに出会う詐欺師ではないですか。彼女の質問を流して答えていると今度は女の子のところへ、話を聞いていると、時間はあるか? など聞いている。  このパターンは、 ”はじめ親切人を装い、船か食事に連れていって高額な金額をぼろうとするパターン”。女の子に教えてあげ、こちらのペースで別れを告げる。握手を求め、「ありがと。バイバイ。」というと彼女の笑顔はひきっつていた。向こうの手口さえわかれば、詐欺師も滑稽なものに見えてくるもんだ。    この日本人の女の子、ワーホリをやめてタイに来たそうだが、食事は合わない、人は恐いはで、「早くまたニュージーに帰りたい」。と言っていた。これから南の島にいくそうだが、一日目にかった電車のチケットもかなり高額で買わされていた。だけど彼女には、この事実を知らせるのは酷かなと思い知らせなかった。

昼からタイのトレンディースポットへ、タイの渋谷といった感じ。デパートめぐって、クーラーで涼んでいるうち過酷な暑さの外には出られなくなり、家具のショーウィンドウのソファーなどでくつろぐ。そうそう、タワーレコード行ってびっくり。宇多田ヒカルがランキング2位、つづいて30位に広末。なかなか日本人がんばっていた。あんな小娘たちが頑張っているんだから、俺だって日本を離れ、がんばんなきゃと 無理矢理自分に言い聞かせた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中