2001年6月5日 ラホール

国境より1時間ほどの街。たった少しの距離を離れただけなのに、そこはもう全くインドの色はなかった。人種はそうインドと変わらないように思うが、街は明らかに違っていた。そしてなにより違うのが、ツーリストが全くと言っていないこと。外国人の俺を見ると、好奇の目が痛いほど感じるれる。

今、使っているガイドブックは「アジア横断というもの」3年前に作られた物で、情報がとてつもなく古い。料金は倍になってたり、載っていた場所が無くなっていたり、ガイドブックが ”当てにならない”。そして、ツーリストにもまったく会わないので、情報を手に入れようとしても、どうにもならない。今までは、ガイドブックに従えば、旅は順調に進んだのに。

ふと思った。俺は今まで、何にも流されない一人旅をやっていたつもりだったが、ただ単にガイドブックをなぞって旅と言う物をしていただけなのかもしれない。料理の本のメニューをみて、忠実に材料を入れて、きっちりと分量を量って、ちゃんとしたマニュアルどおりのモノができるように。そうではなく、常にアレンジをして自分の味をいれていくべきではないだろうかと思った。 ”ガイドブックを一度頭からはずし、自分の手と足を使って旅をしよう” と考え方を変えると、なんだか、より自由になった気がした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中