2001年4月20日 カンチャナブリ

ネパールへの出発が日曜日なので、ちょっとバンコクを離れカンチャナブリという街にいます。

今回はタイのガイドブック持ってこなかったので、以前行った事ろあるこの街でゆっくりしています。  「戦場にかける橋」という映画で有名になったこの街、日本兵が戦争捕虜を過酷労働させていたので、日本人はちょっと居づらい街かも。そのぶん日本人が少なく、怪しい日本語を話し、騙そうとするタイ人がいないんで現地の人とふれあえていて楽しい。

年配のおじいさんとかは、「Are you Japanese?」と言って「Yes」 と答えると無表情になる人とかいる。僕は ここで行われた事を勉強していると返事を返すと、ウンウンとうなずいて どこかにいってしまう。おじいさんの気持ちは、過去を許しているのか、まだ心にあるのか分からないが、僕たち戦争を知らない世代は、事実を知り、それを反省する心を持つことが重要だと思う。

バイクで滝を見に行った。カブでアクセル全快、93キロで突っ走る(100キロは出ず)ノーヘルなんで風が顔に直撃、ひたすら続く一本道、果てしなく青に近い空。爽快、心地いい、気持ちいー。奥田民生の「さすらい」歌ったとき、気持ち良さのため身震いしてしまった。 「さすらおう、この世界中を・・・・・・」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中